読売新聞というブランドを利用した広告出稿の方法と値段

2014年7月24日 admin サービス

企業というものは、何かを大衆に向けて「売る」ことで儲けが生まれます。それは物品かもしれませんし、形の存在していないサービスかもしれません。また必ずしも私たち一般人だけに売っているわけではなく、場合によっては企業間で売買をする時もあります。世の中には企業向けに制作された機械やシステムがありますからね。 しかし「売るモノ」が何であろうと、その商品を第3者が知らなければ買い手も見つかりません。そこで各企業では様々な媒体を利用して宣伝活動を行っていますよね。会社のホームページを立ち上げたり、社員が更新する形でフェイスブックやツイッターを開設したり。 他にも色々と手段はあるかと思います。口コミサイトを上手に利用するなど。ただし効率性のみに着目すれば、金銭を使った方法が一番手っ取り早かったりします。例えば新聞に広告を掲載すれば、日本全国に住む多くの人が、その広告を見ることとなります。 新聞に広告が掲載できれば、若者から高齢者まで広告に触れるわけですから、そこから口コミを狙うことだって可能かもしれません。つまり、その新聞広告を読んでいない人が消費者となってくれる可能性もあるわけです。 とはいえ新聞への掲載となれば、かなりの金額が動くこととなります。会社の規模が大きければ必要経費として処理できるでしょうが、中小企業にとっては難しい額なはずです。そこで読売新聞が実施している宣伝媒体を比較検討してみてはどうでしょうか? 読売新聞への出稿イコール新聞のみというわけではありません。つまり他にも抱えているメディアが幾つかありますので、読売新聞というブランドを利用してみるのです。読売新聞の広告なら読売エージェンシーを閲覧すれば、大まかなことについては把握できるはずです。興味があれば参考に。

More

0

風評被害対策のサービス業者を選ぶポイント

2014年6月28日 admin コンサルティング

インターネットの普及でパソコンやスマホを利用する人口が増えています。ブログや2チャンネル、各種掲示板、大手の検索サイトや質問投稿サイト、Facebook、Twitter、LINEなどをだれでも簡単に使うことができます。このようなサイトを悪用して会社や企業、個人に対する悪意のある風評を拡散させる犯罪が多発しています。 マスメディアを使う風評被害が後を絶たない状況です。悪意のある風評は一度拡散してしまうと炎上して取り返しがつかなくなります。そうなる前に未然の防止対策が必要です。サイト監視や風評被害対策は専門のサービス業者に依頼しましょう。 最近は、サイト監視サービスを専門にする業者が増えているので、実際に依頼する前に数社を比較検討してから決めた方がいいです。風評被害炎上の未然対応、リスク管理、カスタマーサポート、セキュリティ対策などを総合的に請け負うサービスもあります。サイト監視だけでなくソーシャルメディアの運用サポートなども同時に行うのでマーケティング戦略にも役立ちます。 風評被害対策のサービス業者を選ぶ時は、サービス内容、情報セキュリティマネジメントシステムやPマークを取得しているかチェックしましょう。さらに、初期費用と月額料金、オプションサービスの料金などを比較して決めた方がいいでしょう。口コミ比較サイトや一括検索サイトで費用の相場を確認しておくことも大切です。

More

0

仮想化やクラウド情報を事例から学ぶ!無料セミナーあり

2014年6月27日 admin サービス

★サーバ仮想化 | VMwareの仮想化・クラウド情報サイト – IT価値創造塾★VMwareの仮想化と言われても、専門分野で働いている人にしか分からないかもしれません。これを文字で説明したとしても、学術書の様な形で紹介することになるため、意味が知りたければリンク先の専門サイトへアクセスしてみてください。 (リンク先)今回紹介したIT価値創造塾では、仮想化からクラウドまでを分かりやすく説明していますので、関連ジャンルの事柄を調べる際には大変便利なサイトです。また仮想化と言っても、その方法や仕組みは様々です。よって仮想化について調べたいと思った時には、目的などの「何を?」の明確化が非常に重要となります。 例えば導入したことで得られるメリットや運用管理方法、デスクトップとアプリケーションの仮想化による違いは?などが挙げられるでしょうか。 ちなみにIT価値創造塾では、関連ジャンルに関する詳細資料の配布(ダウンロード型)や各種セミナーの案内が掲載されています。主に中小企業向けの内容となっていますので、導入予定があれば一読しておく価値はあるでしょう。 また各業界における企業が、どのように活用しているのか・・・といった事例も詳しく紹介されていますので、導入前の検討資料としてチェックしておくことをお勧めします。 言葉で説明されたり文字で読むことは簡単ですが、実際に企業の利用方法が取り上げられているケースは多くありません。事例では建設業者や旅行会社、金融機関などがピックアップされていましたよ!詳細はリンク先で。

More

0

風評被害対策はリスク管理として行う

2014年6月18日 admin ワーク

ネットでの風評被害を訴える企業が増えてきています。ちょっとした不祥事や事故を大げさに誇張されて拡大解釈されたまま広まってしまったり、根も葉もない噂を立てられたりと風評被害による損害は計り知れないほどの影響を与えています。風評被害に対しては問題が起きてから対策を行うと置いう状況では手遅れになることもあります。ビジネスのリスク管理の一環として風評被害対策を講じておく必要ができてきました。 ネットの恐ろしいところは情報の伝達速度です。一度噂を立てられたらその瞬間に何万人といった人の目に留まるかもしれません。一度記憶されたものは簡単には消すことができず、人の記憶に残っていきます。そして数十年経ってからまた同じ噂が出始めるといったことにもなります。風評被害対策は早めに行うことが大事ですが、リスク管理として行っておくことが一番風評被害を抑えることにつながるのです。 まだ風評被害の脅威にさらされたことのない企業では風評被害のリスク管理なんてばかばかしいと考えるところもあるかもしれません。でも実際に風評被害を経験しているとその恐ろしさを実感できます。まだ被害を受けたことがないところこそ早めに風評被害対策を行っておく必要があります。

More

0